未分類

30代ニートには特別な支援を与えるべきです。

投稿日:

ニートはどの年齢層でもいて男女どちらでも存在しているものです。しかし特に30代ニートは数が多く、このまま年齢を重ねてしまうと生活保護を必要としたり、あるいは両親の年金を必要としたり、果ては生活のために空き巣や強盗といった犯罪をしてしまうなど社会にとってはいい影響を与えないものです。ニートのイメージとしてやる気がない、あるいは仕事をしても根性がなくて長続きしないというイメージがありますが、30代ニートに関してはやむを得ない事情でなってしまったというケースがあります。現在30代の人は高校や大学時代就職活動をしていても内定を得られなかった人が多くいます。いわゆる就職氷河期に就職活動をしていた人たちであり、中には100社以上面接を受けても不合格であったり、あるいは内定を得て就職できても自分の適性と仕事がマッチせずにすぐに退職をしたという人もいます。就職氷河期で思うように就職できなかった30代の人の中には自信をなくし、社会とは関わりを持たずに自宅に引きこもってニートになった人もいるのです。そのような背景を考慮して30代ニートに関しては、国や自治体などを中心として就職して自立できるように支援をしていく必要があります。特に現在は就職氷河期とは真逆で多くの業種で人手が少なくなっていて、特に就職氷河期で採用が控えられた30代が多くの職場で少なくなっているという事態に陥っています。ニートになっている人の中には就職できるような技術を身に着けたり、あるいは就職先を紹介するだけでニートから脱却できるようになる人も少なからずいることから、今後人手不足解消の一環として30代ニートの就職支援を重点的に行うべきだと思われます。
DYM就職なら30代ニートでも就職支援を受けられます。
ぜひ下記をチェックしてみてくださいね。
DYM就職ニート

-未分類

Copyright© Life!20代男の旅行雑記ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.